fc2ブログ
「猫達の幸せを守る会」 で里親さんを待っている保護猫達・犬達の様子をお伝えします
置き去り…遺棄
2019年10月09日 (水) | 編集 |
先日、当会駐車場から急発進した車がありました。


その後、外からか細い鳴き声が……プランターに入れられて4匹が棄てられました。



1570578227396.jpg



1570581321248.jpg



そして、今日。

鳴き声がするので、出てみると……

パタパタと子猫が走って来ました。



1570581344598.jpg



付近を見ると、ガムテープを貼られた段ボールが有りました。

一部、テープが剥がれ毛がついています。



1570581353150.jpg



1570581360660.jpg



必死で、必死で、這い出たんだと思います。


「ここに置けば見てくれる」

「だって、保護施設でしょ」

「あそこに置いて来なさいよ、大丈夫よ」


そんな会話が聞こえるようです。


本来、保護した猫は数日間は別の建物で過ごします。

致死率の非常に高い感染症を発症する事があるからです。

この感染症は致死率が高い上に感染力が非常に強く、一晩に数十ぴきの猫が感染し死に至ることもあります。

特効薬も有りません。

前回の台風の被害で隔離できる場所が有りません。

仮に、この子達が恐ろしい感染症を持っていたら……当会で過ごしている他の猫がみんな死んで仕舞う可能性があるのです。

また、今日段ボールで棄てられた猫が道路に歩いていたら……車にひかれていたでしょう。

「子猫を助けた、良いことしたわ」

「自分の手から離れて安心。」

無責任で身勝手なだけです。

あなたがした事は
元々その猫をすてた
人と何ら変わりません。


猫を棄てたんです。


もし、今後当会の猫が感染して死ぬ事があったら…あなたのせいです。


その感染症が館内で出れば……当会は存続出来なくなります。

その位恐い感染症なのです。


忘れないで下さい、どんなに言い訳をしようと
、自分勝手な理屈を並べようと……


動物の遺棄は犯罪です。



一部の無責任な方の為に、当会を御支援下さっている皆様には不快な内容となってしまったかもしれません。誠に申し訳なく思います。 しかしながら、少しでも多くの方に猫を保護するリスクと後を絶たない無責任な行為を知っていただけれはと思います。






どうぞ、Facebookも御覧下さい🍀

#特定非営利活動法人 猫達の幸せを守る会




1日1回↓クリックで応援お願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村
猫達の幸せを守る会
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック