「猫達の幸せを守る会」 で里親さんを待っている保護猫達・犬達の様子をお伝えします
2009年9月20日の朝に置き去りにされた捨て猫の9匹です。
2009年09月22日 (火) | 編集 |
2009年9月20日の朝に猫博に捨てられた9匹の猫ちゃんです。
4箱のダンボールに入れられていました。

2匹一緒に入っていました。
2009年9月20日朝置き去り捨て猫9匹保護
兄弟のようです。

3匹一緒に入っていました。
2009年9月20日朝置き去り捨て猫9匹保護

2009年9月20日朝置き去り捨て猫9匹保護

2009年9月20日朝置き去り捨て猫9匹保護
写真だと大きく見えますが、白黒ちゃんは生後2ヶ月ぐらいです。

2匹一緒に入っていました。
2009年9月20日朝置き去り捨て猫9匹保護

2009年9月20日朝置き去り捨て猫9匹保護
親子のようです。

2匹一緒に入っていました。
2009年9月20日朝置き去り捨て猫9匹保護

2009年9月20日朝置き去り捨て猫9匹保護

2009年9月20日朝置き去り捨て猫9匹保護
まだ生後1ヶ月ぐらいだと思います。

9匹のネコ達をこれから幸せにできますように。
里親さんも探します。
宜しくお願いいたします。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
地元のひと。
親子で入ってましたか…?
同じ家からでしょうね。

ココに置いておけば、どうにか育ててくれる。
…そうなってるんですね…。

複雑です。そう考えると。
2009/09/23(Wed) 00:15 | URL  | filafee #-[ 編集]
ヒドイ‥
どうして、こんな小さなダンボールに入れて置き去りにできるんでしょうか‥
ただ強い憤りでいっぱいです!!

私には猫ちゃん達に支援物資を送るしか出来ませんが、お手伝いしますね(^-^)
2009/09/23(Wed) 00:23 | URL  | 猫犬さん #-[ 編集]
刹処分とても悲しい現実です。↓ちょっと長いですけど読んでもらえたら嬉しいです。

ペットブームの裏で大勢の犬猫が殺されています。じつは日本人は欧米などと比べて極端に幼い犬猫を好むそうです。でも幼い時に母兄弟と別れて子は問題行動を起こしやすく、また販売ルートで病気に感染しやすい、なのに日本人があまりに子犬子猫ばかりを好み「飼い始めるならより幼いほうが良い、可愛いほど良い」が当たり前になっています。
そのため販売側もより幼い子を売ろうとし可愛さばかりアピールするショーケース販売をしているペットショップがほとんどです。窮屈で衛生上もよくないところに幼すぎる犬猫を入れて販売しています。そして安易にただ可愛いというだけで購入する人が後を絶ちません。そのくせ保健所の人って動物殺しても平気なんだねとか検討はずれなことをいう人もいます(その人たちは好きでやっているのではなくつらくてしょうがないのに)。

このようなことは欧米では考えられないことです。欧米では既に育って大人になっている犬猫を引き取るとこに何ら抵抗もなく、幼いほどいいなどという考えを持っている人はまずいないそうです。ちゃんと幼い時(社会化期)の大切さをしっています。それに大人の犬猫は前の飼い主にしつけられていてかえって初心者などが飼いやすいそうです(前の飼い主がきちんとした人ならですが)
でも日本ではTVや雑誌で取り上げられるのはやはり幼くて可愛い犬猫ばかりです(視聴率、購買者が獲得できるから)。それを見た人が触発されて安易に幼い犬猫を購入・・・と負の連鎖を繰り返しています.
行政に著名を集めて提出したりするのももちろんいいですが、規制が厳しくなれば今度は保健所ではなくその辺に捨てる人が増えかねません。
やはり飼い主のモラルの問題です。メディアにはこういった裏の現状こそ広めて、へたに触発するようなことを報道するのは控えてくれないかと頼むのもいいかもしれません。もちろん法律も厳しくすべきだと思います。    長い文章載せてすみませんでした。
2009/09/24(Thu) 02:25 | URL  | 甘党 #-[ 編集]
猫博の皆さん、いつもお疲れさまです。そしてありがとうございます。
置き去りにされた9匹の命に複雑な想いながらも受け入れてくださりありがとうございます。
きっとこの子達を置いていった人はこのブログを見ていると思います。
ガムテープでグルグル巻きも、仲の良い同士別々にした点も、ペットシーツを敷いてあるのも、この子達を可愛がっていたことが伺えます。何かしら事情があってのことだと思います。
でも一言云いたいです。
そこまでする勇気があるのなら、もうひと踏ん張り頑張って、置き去りにするのではなく、自分で努力することはして、それでもどうしても無理なら置いていくのではなく、猫博の門を叩いて相談して欲しかった。
きっとあなたがこのあと引きずるであろう罪悪感を少しでも軽減してくれるアドバイスをくれたと思います。

今からでも遅くはありません。どうか名乗り出て、この子達の幸せになれる道を一緒に探してあげてください。
それがあなたの責任です。
どうか想いが届きますように。
私も7匹の命と共に歩んでいます。人間も、犬も、猫も全て命なのです。どうか、勇気を出して!!
2009/09/24(Thu) 03:27 | URL  | Q #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック