「猫達の幸せを守る会」 で里親さんを待っている保護猫達・犬達の様子をお伝えします
きらら君2008年9月無事に手術が終わりました。
2011年02月07日 (月) | 編集 |
きらら君、手術に耐えられるか心配でしたが、頑張りました。

2008年9月の入院中のきららです。
入院中
まだ生後2ヶ月ぐらいの小さな身体で、本当に頑張りました。

手術が成功して、面会に行った時、きらら君は寂しかったのかニャーニャー鳴いて甘えてきました。
きらら君は甘えん坊です。
9月5 子猫 入院
いまでも、きらら君はさみしがり屋の甘えん坊です。

きらら君の手術が無事に終わっても、長生きできるかどうかはわかりませんでした。
順調に回復してくれると、元気にどんどん成長してくれると、願いました。

手術はとても辛いものでした。
手術した所はとても痛々しかったです。
子猫 手術
お腹の切った痕の写真左に小さな丸い傷口のような所がありますが、
ここから、おしっこが出るようになっています。
膀胱に穴を開けて、お腹とつなげて、おしっこが出るようにしました。

お腹を切った痕を見ると、本当に辛かったです。
本当にきらら君は頑張ってくれました。

手術してくれた、先生には本当に感謝しました。
いまでも、先生にはお世話になりっぱなしで、本当に感謝しています。
テーマ:猫のいる生活
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
小さな体で頑張った、あの手術からもう2年もたったのですね。
昨年お邪魔し、きららに会った時、そんな事はなかったかのように、
元気に過ごすきららをとてもいとおしく感じました。

館長さん、しいごろさんはじめ、スタッフさん達の愛情こもった
お世話のおかげですね。

きららは猫の大敵である病気を患ってしまいましたが、毎日、
できるだけ苦しまず幸せに過ごしてほしいと心から願っています。


2011/02/09(Wed) 02:44 | URL  | nyaranpo #-[ 編集]
きらら君、頑張ったのですね。

ほんとに幸せに過ごして欲しいです。
2011/02/09(Wed) 18:46 | URL  | りょん #l7H4TccY[ 編集]
きらら君、辛い手術によく頑張ったね。

あなたのこれからが名前のように、光輝く未来になりますように…
2011/02/12(Sat) 12:58 | URL  | 猫犬さん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック