「猫達の幸せを守る会」 で里親さんを待っている保護猫達・犬達の様子をお伝えします
クロちゃん亡くなる。
2012年03月18日 (日) | 編集 |
クロラブちゃんが、2012年2月19日に亡くなりました。
クロラブちゃん2012年2月19日に亡くなる。前立腺腫瘍により尿が出せなくなる、胸水、気管虚脱、2011年8月8日保護。
クロラブちゃんは2011年8月8日に保護しワンちゃんです。
クロラブちゃん2012年2月19日に亡くなる。前立腺腫瘍により尿が出せなくなる、胸水、気管虚脱、2011年8月8日保護。
クロちゃんは前立腺が肥大してしまい、ずっと闘病していました。
猫博で保護してから2ヶ月くらいしてから、血尿が出るようになり、
病院で検査してもらった所、前立腺の肥大だと分かりました。
前立腺の炎症か腫瘍かもしれないと、ずっと治療を続け、薬を飲ませ、
しばらくは落ち着いたのですが、だんだん症状が悪化してしまいました。
前立腺は、薬の効きにくい場所で、手術するのも、かなり危険です。
手術は前立腺と一緒に、尿道も切らないといけないので、術後のケアも、
難しく、薬が効いてくれることが一番だと治療を続けて来ました。
しかしクロちゃんの身体は、だんだんと弱ってしまいました。
後ろ足の股関節も悪くて、だんだん歩くのも辛そうになってしまい、
気管がつぶれてしまう病気、(気管虚脱)になって、咳をするようになりました。
最後は尿を出せなくなり、膀胱に尿がパンパン溜まってしまい、
カテーテルをいれて、スポイトで出してあげないといけなくなりました。
どんどんクロラブちゃんの症状はひどくなってしまいました。
どうすることも出来ず、最後に危険だけど手術をしてあげる事にしましたが、
手術前の検査で、胸に血混じり水が溜まっているとわかり、
とても麻酔に耐えられないと、先生の判断で、手術を中止しました。
結局、クロラブちゃんにしてあげられることは、
苦しまないように治療を続けることだけでした。
苦しみを和らげる薬をあげて、少しずつでもミルクなどをあげることしかできません。
息苦しそうにしていました、でも頑張っていました。
クロラブちゃんはいっぱい頑張りました。
一生懸命に生きてくれました。
クロラブちゃん2012年2月19日に亡くなる。前立腺腫瘍により尿が出せなくなる、胸水、気管虚脱、2011年8月8日保護。
保護してから6ヶ月と短い間でしたが、クロちゃんと一緒に過ごせて良かったです。
クロちゃん本当にありがとう。楽しい思い出をいっぱいくれて、ありがとう。
テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
クロラブちゃんが、2012年2月19日に亡くなりました。クロラブちゃんは2011年8月8日に保護しワンちゃんです。クロちゃんは前立腺が肥大してしまい、ずっと闘病していました。猫博で保護してから2ヶ月くらいしてから、血尿が出るようになり、病院で検査しても...
2012/05/06(Sun) 00:58:59 |  まとめwoネタ速neo