「猫達の幸せを守る会」 で里親さんを待っている保護猫達・犬達の様子をお伝えします
犬のレッド君の近況
2013年03月03日 (日) | 編集 |
医療費が高額だったために、ご支援をお願いして、
手術を受けたレッド君の近況です。

2012年12月5日2時30分に手術が始まりました。
尿道を切って、尿路結石を取り出して手前に穴を開けて、
おしっこが出るようにしました。
手術では出血が多く大変でしたが、先生が素早く対処して、
レッド君も頑張ったので、手術は無事に成功しました。
術後も出血がありましたが、点滴をしてもらい、ふらふらしていましたが、
レッド君は、立ち上がって尻尾をふりふりして、寄って来てくれました。

しかし、しばらくは、出血してしまうから、
注意しないといけないと言う事でしたので、
貧血を回復させられるように努力する必要がありました。

その後は、1日1日毎日少しずつ元気になってくれました。
喜び方も、いつもの調子が出てきて、ご飯もよく食べてくれました。

12月9日には、まだまだ貧血はありましたが、退院できました。

12月17日には、抜糸のために、病院に行きました。
抜糸しましたが、一部まだ残しておいた方が良いとの事で、
全部は抜糸しませんでした。
抜糸したら、また出血してしまっていましたが、
傷は良くなっているようです。


手術後は、ずっとケージに入っていましたが、
先生の許可が出たので、お散歩にも行けるようになりました。
下の写真は2013年3月3日現在の写真です。

レッド写真


皆様の善意のお蔭でこんなに回復しています。
養い親さんをはじめご支援頂いた皆様本当に有難うございました。
今後ともご支援のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック